当社のM&Aサービスの特徴

Pre.M&Aから、DDやバリュエーション、Day1以降のPMIまで一貫してサポートします

 

下図のとおり、M&Aは戦略立案からターゲット選定がPhase1、DDやバリュエーション、買収契約締結までがPhse2、買収成立日(Day1)以降のPMIをPhase3とした場合に、多くのM&Aでは、Phaseごとに会社の内部担当者が変わっていき、また、FAや弁護士、会計士といった外部関与者も次々と交代していくため、前のPhaseで発見された課題や対応策がうまく引き継がれていないことがよくあります。つまりM&Aプロセスを一気通貫でマネジメントする関与者が、外部にも会社内部にもいないという課題があります。特に、この弊害はPhase3のPMIで強く表れ、せっかく初期段階やDDで見つかっていた課題が何ら手当されず、いわゆる「買いっぱなし」の状況になった結果、買収対象会社のキーマンが退職し、シナジーがうまく発揮できなかったり、連結決算が混乱するケースが見受けられます。 このような状況を防ぐためには、社内の担当者や外部専門家をできるだけ早期に関与させ、同じ専門家をPMIフェーズ以降も起用して、一貫した対応を取る必要があると考えられます。 当社は、Pre.M&Aサポートや、財務DDやバリューエーションだけではなく、PMIやのれん減損対応シミュレーションまで一気通貫で実施できる経験豊富な専門家が在籍しており、M&Aに関する経験豊富な公認会計士とチームを組んだサービス提供も可能です。

当社のM&Aサービスメニュー

Pre.MA M&Aにおける取引実行(エクゼキュージョン)を中心に、プロジェクト管理、交渉助言を行います
具体的には以下のプロセスをサポートします
 M&A戦略立案
 投資基準策定
 売却の際の簡易DD、バリュエーションの実施
 候補先企業の選定、打診
 M&Aの交渉、資料作成
FDD  ・M&Aを実行する際に、対象会社に対して財務、税務等の観点から、調査(デューディリジェンス)を、各業種DD経験豊富な公認会計士・税理士が実行します
発見事項に対する最終契約書への反映やPMI課題の抽出も併せて行います
VAL  ・M&Aを実行する際に、対象会社の価値算定評価業務(バリュエーション、VAL)を、経験豊富な公認会計士・税理士が実行します
価値算定にあたっては、評価する目的、案件及び対象会社の状況等により、採用すべき適切な方法を案件ごとに適切に検討します
PMI  ・会計・財務・内部統制域において、PMIを早期に対応し、M&Aとしての成功に導きます
特に、対象会社との会計方針の差異調査、すり合わせや決算早期化、内部統制監査対応で多数の実績があります
PA、のれん減損テスト支援  ・企業結合時におけるPPAに関する無形資産の評価、減損テスト等の会計目的のための評価業務を実施します
長年の監査経験、業務経験を生かして、監査に耐えうる評価業務を提供します

 

当社のIPOサービスの特徴

事業計画の作成から、資本政策、会計及び内部統制監査対応などあらゆるフェーズの検討を、長年の監査経験及びコンサルで培ったPMOマネジメントで一貫してサポートします

IPOの難しさは、経理、管理会計、人事などの横断的な業務に関する複数のタスクを同時に進める必要があり、かつ締め切りが決まっているので、前工程の作業の滞りによるスタックが発生しないように、緻密なスケジュール管理が必要となる点や、社内はもちろん証券会社や取引所、取引先や監査法人など様々なプレイヤーと連携しながら準備を進めていく点にあります。
このためIPOのサポートを行うコンサルタントは、会計のみならず人事や総務など全般的かつ横断的な知識が求められるとともに、各プレイヤーの利害調整を行い、落としどころを探るPMO能力を同時に求められることになります。特に、規制や監査厳格化の傾向から、証券会社や監査法人との要求水準は年々高くなっていると考えられます。証券会社や監査法人から出されるであろう課題については、なるべく先回りして対処するとともに、課題に対する解決策の提示と実行のプロセス組み立てまで全面的にサポートする専門家が必要です。
当社は、事業計画の作成から、資本政策、会計及び内部統制監査対応などあらゆるフェーズの検討を、IPO経験のある公認会計士とチームを組んで、実際に手を動かしながら、長年の監査経験及びコンサルで培ったPMOマネジメントで一貫してサポートします。各プレイヤーとの交渉サポートについても全てお任せください。

当社のIPOサービスメニュー

事業計画の作成

貴社の経営理念や経営ビジョンを策定し、外部環境及び内部環境分析を実施し、自社の「強みと弱み」を明らかにし、これらを踏まえた全社・事業戦略に基づいて事業計画を作成する一連のプロセスをサポートします

資本政策の作成

安定株主対策、上場までの資金ニーズ、資金調達の手段の検討、インセンティブプランの設計、創業者利益、IPO後の株主像などの各項目で何をどう決めるべきかを協議しながら、経営者の理想的な資本政策の作成をサポートします

諸規定の整備、内部統制監査対応

会社の規定・マニュアルを業務の最適化を目指して、最適な規定体系をスピーディーに構築するとともに、上場企業として運用可能で、監査法人の監査に耐えうる内部統制構築を、業務の有効性・効率性を考慮しながらサポートします

会計、決算体制の整備

上場準備企業は通常の決算に加えて税効果会計、退職給付会計、新収益認識基準会計など複雑な会計基準を導入し、監査に耐えうる決算を四半期ごとに組む必要があり、上場企業として運用可能な経理体制を規定マニュアル作成も含めてサポートします

監査法人及び証券会社の窓口対応

監査法人や証券会社との面談に同席し、長年の監査経験を活かしながらプロジェクトマネージャーとして、貴社をサポートし、必要に応じて、社内の各部署やその他利害関係者との連携を支援します

申請書類の作成及び上場審査準備

上場の際に必要とされる有価証券報告書(Ⅰの部・Ⅱの部)の作成を、その専門知識と経験でもって、完成までサポートするとともに上場審査の突破を目指して一貫したサポートを行います

当社のIFRSサービスの特徴

差異分析、論点検討、開示対応などあらゆるフェーズの検討を、IFRS専門家としての知識経験及びPMOマネジメントで一貫してサポートします

IFRS導入はプロジェクトとしてとても難しく、クライアントとトラブルになってしまうケースを聞くこともあります。なぜ難しいかというと、IFRS導入を推進するプレイヤーには以下の3つの能力が求められるためです。
・IFRS基準、事例に対する深い理解(IFRS導入している会社はまだ多くはなく、このスキルを持った人材がそもそも少ない)
・IFRSプロジェクトは、会計、開示、子会社展開、JSOX対応、管理関係など、同時進行で複数のタスクをこなす必要があり、これを実現できるプロジェクトマネジメント能力
・IFRSは原則主義のため、採用できる方針に幅があり、フェーズ全般にわたって、会計監査人との交渉が必要になるため、会計監査人と協議して合意形成をしていく交渉力
これら全ての能力を備えたプレイヤーはさらに少ないため、会計基準対応とプロジェクト管理は別の会社、担当者が分担して行うことが多いものの、ワンストップでのサービス提供が実施できず、情報共有に齟齬が生じて、プロジェクトを効果的効率的に進められないことがあります。
代表は、複数の東証一部上場企業へのIFRS導入及びIFRS監査を経験しており、IFRS導入プロジェクトのみならず、監査やコンサルでのマネジメント経験も有しており IFRS導入プロジェクト経験のある公認会計士とチームを組んで、PMOから会計基準差異調査、開示対応、数値作成まで一貫してワンストップでのサービス提供が実施できます。会計監査人との交渉サポートについても全てお任せください。

 

当社のIFRSサービスメニュー

PMO

プロジェクト全体のタスク、課題の管理、進捗管理を各種管理資料を用いてサポートします。また、プロセス全体を通じた監査人との協議についてもサポートします。

会計方針の決定

適用している会計方針について、現行(日本基準)とIFRSとの差異分析、会計方針の導入による影響分析、さらに新会計方針の導入による影響分析、ポジションペーパーの作成などをサポートします

グループ会社調査・確認

グループ子会社へのスムーズなIFRS適用を推進するために、IFRS会計方針の適用に関する質問状の作成、グループ子会社へのIFRS適用に伴う影響分析、グループ子会社への説明会の開催などをサポートします

精算表、FSひな型作成

日本基準の連結精算表から、IFRS組替を行うIFRS組替表の作成、IFRSのFSひな型の作成をサポートします

開示対応

同業他社の開示事例を収集分析し、開示にあたって必要な情報、解決すべき課題のリストアップ、開示スケルトンの作成までをサポートします

期首残高BS作成

最初に期首残高BS作成のスケジュールを作成し、期首残高BS作成や作成のための必要な資料準備、監査対応など、全体のプロセスを一貫してサポートします

 

決算支援サービス

決算上のよくある悩みと当社のサービスメニュー

こんなお悩みはありませんか?

お客様の画像

・新会計基準(ex:新収益認識基準)が難しくて、実務にどう適用すればいいかわからない。。
・監査法人への対応に悩んでいる…うまく交渉ができない

 

お客様の画像

・会計基準は難しくなっているのに対応できる人材を採用することが難しい。。人が足りない。。36協定も守らないといけないし。。
・せっかく作ってもミスだらけで、監査法人から毎期のように指摘されている。。。

 

お客様の画像

決算で毎四半期ごとにバタバタしていて、深夜残業続き、、固定費は増やせないので、業務を効率化したい

 

当社のサービス 当社のサービスの特徴
・新会計基準対応(監査法人対応含む)サポート
・会計顧問サービス
・新会計基準はどんどん難解になっており、次はリース改正が行われる可能性があります。当社は長年の監査経験とコンサル経験を生かして、実際に手を動かしてスムーズな導入をサポートします
・会計顧問サービスは、決算処理の悩み相談や監査法人対応サポートをタイムチャージで行うサービスです。詳細はお問い合わせフォームから確認ください
・連結決算書類及び親会社・子会社の決算書類作成サポート
・注記用数値の集計や各種開示書類の作成サポート
・監査対応に伴う各種資料作成サポート
・様々な業種・業態で会計監査を経験し、決算支援コンサルの経験もある公認会計士が、難しい会計基準の理解を必要とする決算書類や開示書類を作成します
・必要な資料と情報さえ頂ければ、「丸投げ」も対応可能です
・決算早期化サポート
・内部管理体制構築サポート
内部統制監査対応サポート
・決算早期化を阻害している要因を決算業務の洗い出しにより特定し、対応策を策定します
属人化した業務処理について、詳細調査により「見える化」し、マニュアルやツールの作成、研修実施により、キーマンの退職リスクに備えるとともに、業務の有効性や効率性を高めます