当社は、私、松下秀年が15年超の大手監査法人及びグループ関連企業の勤務を経て、社会やビジネスを取り巻く環境の変化、多様化、グローバル化等に対応しなければならない企業様を主に会計・税務面からサポートすべく、2021年9月より、豊島区南池袋のオフィスビルの一室で設立いたしました。

私が業界に足を踏み入れた2005年と比べれば、会計や監査、税務は複雑化し、きちんと対応したいとは思うものの、どう対応してよいかわからないというお客様が増えてきた印象があります。多くのクライアントが専門家のサポートを必要とする状況の中で、クライアントの立場に立ち全力でサポートするためにはどうすればよいかを考え、NewRファイナンシャルアドバイザリー株式会社を設立するに至りました。

社名のNewRは私の2人の子供の名前から取っています。新しい(New)時代の変化に対応できる人間に、いつでも理性的・論理的(R)に行動できるようにと願ってつけた名前ですが、それらの願いはそのまま会社にも当てはまると考えています。

大手監査法人及びそのグループ企業での15年超の経験を活かして、難解な会計及び税務事項を、背景も踏まえて一つ一つ丁寧に説明して、高品質なサービスを、より安価な価格で提供してまいります。

代表 松下秀年の写真

代表者プロフィール

2004年3月
神戸大学経営学部卒業
2005年11月
公認会計士2次試験合格
2005年12月
監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)東京事務所入所
2013年7月
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー㈱(現:DTFA合同会社)へ出向
2015年7月
有限責任監査法人トーマツ 監査事業部に帰任
2020年7月
監査アドバイザリー事業部に異動し、PMIサービス提供部署の立ち上げに参画
2021年9月
有限責任監査法人トーマツを退社し、NewRフィナンシャルアドバイザリー㈱を設立
業務経験
ソフトウェアインダストリに属する複数の一部上場企業の監査現場責任者経験及びIFRS導入支援業務に加えて、 、IPO支援業務、再生企業の事業計画支援業務、カーブアウト支援業務、M&Aの財務税務デューデリジェンス業務、不正調査業務等、幅広く監査IPO、M&Aアドバイザリー事業に従事